スポンサーリンク

ついに決着!人生初の青物をゲット(≧ω≦)

海釣り

終わらない青物への挑戦

 どうしても青物が釣りたい…もはや依存症の領域です。完全に釣りの事しか考えられない脳になってしまいました!他に優先事項はいくらでもあるのに(笑)時には我慢も必要ですよね…次の釣行まで時間を空けよう(^ω^)

 そんな決心も虚しく、気付いたらいつもの漁港に来ていました…

 前回は3連休ということもあって、湾内はファミリーで埋め尽くされていましたが、本日はガラ空きの貸し切り状態です!手始めにホームセンターで調達したマイクロジグで遊んでみます。

向こうから攻めて来た!

 時刻は12:00、本命の時合いまでライトゲームを楽しんでいると、湾口で大きめのボイルが炸裂!タックル担いでポイントへ急行すると、尋常ではない数のボイルとナブラが発生していました。これ、今から準備して間に合うのか!?

 開始時点でボイルはまだ続いています。何ならこちらに接近している!

 とりあえず射程内のボイル跡にキャスト…釣れない。

 遠くのナブラを目掛けてキャスト…釣れない。

 あれ!?

 しばらくすると、目の前で超巨大ナブラが発生!もうジェットバスみたいになってるwww

 その泡のど真ん中に渾身のキャスト…かすりもしない。

 ナブラやボイルって誰でも簡単に釣れるボーナスタイムじゃなかったのか???単純に私が下手クソなのか…そもそもベイトを追いかけている魚は本当に青物なのか!?w

 テトラの上でボヤいていると、莫大な数のベイトが何かから逃げるように足元を通過…海中を凝視すると、それはそれはご立派な青物がイワシの群れを追いかけまわしていました。

 ふざけんなw

 家に帰ったらナブラ発生時に有効なアクションを勉強します…

 その後、完全に反応がなくなったので夕まずめに勝負をかけることにしました。

決戦の夕まずめ

 時刻は15:00、目標を迎え撃つために少し早めにポイントへ入ります。射程内にはベイトが溜まりやすい淀みが出来ていました。これは期待できそう。

 後半戦開始から30分が経過した頃、早速強い当たりが来ました。絶対に逃がすまいとゴリラパワーでフッキングするも案の定ボロン。猛反省…

 さらに30分が経過…時刻は16:00頃、また強い当たりが来ました。今度は丁寧に合わせてから、いざ勝負!メタルジグの性能を信じてゴリ巻き回収(前回針を曲げられた)、青物特有の垂直降下も足場の悪いテトラの上で耐えます。

 隙を見ながら糸を回収し、ようやく獲物を水面に浮上させました。この後いよいよタモ入れです。

 しかし、ここで問題発生…

 先日Amazonで購入したタモ(税込1,750円)ですが、網の部分がまさかの繊維質で、海に浸けると水を吸収して死ぬほど重くなります。ただでさえ口径が小さくて取り込みが難しいのに、コントロールも満足にできません…

 幸いフッキングは上手くいったようで外れる様子はありません。しかし、取り込めない…気付けば獲物に逃げられる恐怖との戦いになっていましたw

 このままでは埒が明かないので、左腕を犠牲にして全力ゴリラランディング…

 そしてついに!!!

念願の青物

 ついにゲットしましたwwwヤッター(≧▽≦)

 5回目の挑戦でようやく達成です!ここまで本当に長い道のりでした…現場で問題が発生する度に試行錯誤を繰り返してなんとか成功へと漕ぎ着けました。今回の記念すべき釣果で青物釣りは一区切りつきますが、実際のところまだまだ未熟なので、今後も修行をしにショアへ赴こうと思いますw

 とりあえず今日は疲れたから帰えろう…

 青物はサイズ(出世魚)や微妙な見た目の違いで名前が変わるらしいので帰宅後に詳しく調べてみました。ネット情報によると、今回釣れた魚は「イナダ」に分類されるようです。サイズは55cmでした。

 解体完了!一晩寝かしてから頂きます。

さいごに

 サイズを計測して感じたのですが、青物の55cmって意外と小さいですね…釣れた瞬間は、あって45cmと見ていましたが、実際の数値は予測よりも大きくて驚きました。ということは、最初の釣行で逃がした引きも見た目も倍近くあったあの魚は、まさかブリだったのではないか!?なんて素人の妄想が始まりますwでも正直に言って、今日のファイトは今までで最もあっさりしていました。確かに力強い魚でしたが、あの時の絶大な質量感と悪魔的なパワーには比になりません。

 次の目標が出来ました。ショアからブリを釣るw

 タックルの見直しやポイントの調査など、やることが多くて面白そうです!いつ達成できるか分からない未知数な挑戦ですが早速準備を進めます!

 でも今日は一旦初釣果の余韻に浸ろうと思いますw本当に楽しかった!

コメント

タイトルとURLをコピーしました